FC2ブログ

全ての出会いにありがとう

きっと空気の澄んだ場所では
風薫っているはず、五月。

10 兜

長く感じた四月が無事に終わった安堵感に包まれています。
個性豊かな宴会の数々、司会のお仕事は婚礼&一般宴会あわせて10数件の本番でした。

婚礼も1件1件 めちゃくちゃオリジナリティ豊かでしたが、
なんといってもこのカップルかなぁ。。。
長い司会歴で初めて拝見しました~~~衣装逆転!!!
      100417 衣装逆転

この婚礼の新郎さまは毎日毎日サプライズがひらめく方で
都度一日に何度も電話を下さってました

赤い糸を友人に順につないでもらい2人が手繰り寄せるセレモニーを取り入れた人前式。
宴の最初の入場ではタキシードのポケットチーフが手品でステッキに早変わり
・・・そして、この逆転衣装は期待以上にゲストに大ウケでしたね

最後の衣装はまたビシッと決めて・・・
         100417 逆転の逆転
   ゲストには驚きの新郎のトランペット演奏。
   新婦にナイショでたくさんの人からのお祝いコメントをもらってきた
   サプライズDVD上映。
   他にも小道具、小ネタが満載で、
   ほんとによく頑張ってご準備されたな~と感心します。

ご結婚式前日も、新郎とホテル担当者からそれぞれに電話があって
同じようなことをおっしゃる。
 「たぶんもぅ伝えたいことは全部伝えたはずなんですが、
     なんとなくシミズさんに電話しました」と。

電話口で進行のおさらいして、話しているうちに安心して下さって、
『なんとなく声を聞けば安心出来る。』と思ってもらえることの嬉しさを感じさせてもらいました。



ケーキもオリジナルものが増えてきましたネ。
  1004 ゲレンデ   新幹線ケーキ   新幹線
 ・2人がスノーボードで愛を育んだゲレンデケーキ
 ・JR関係の方は いちばんイケメンと人気の500系新幹線ケーキをリクエスト
      見た目はどう見ても板長のパテシェエ(ごめんなさ~い)は、
        今後のために~と写真に収めておられました。



昨年のXmas晩餐会に続き、お世話になりました
佐野シェフ、ソムリエ弓削さんと一緒に(*^-^*)
     1422 シェフ&ソムリエ    100422 美食会の会場

 美食会・開宴前はシェフがサービススタッフにお料理内容を丁寧に説明。
 そのあと、私もスタッフの中に入り、お料理の味見をさせてもらいました~~
 1人2万円近いフルコース
 テーマは『お野菜』でしたので、
 お口の中に爽やかな春風を感じる、身体に優しいティストでございましたわ。オホホ

       422 出演メンバー
  シェフの右がシンガーソングライターの佐合井マリ子さん。
  左はヴァイオリンの水野まりこさん。
  Wまりこさんとは同じ控え室で、話が弾んで大いに盛り上がり~~
   「きゃあぁぁぁぁぁ~もぅこんな時間だ~。お着替えお着替え!お化粧お化粧!!」
  みんなできゃっきゃっと会場に向かい、楽しゅうございました



出張パーティでご一緒させていただいたのは、リッキー廣田さん。
ビートルズのカバーバンド「REVOLVER」のリーダー
主催者がリッキーさんの大ファンで、パーティでのライブタイムがありました。
        100428 リッキー廣田さん①   10428 リッキーさん②

  めちゃめちゃしっぶ~い、イイお声!!!
  次々流れるビートルズのナンバーは、
  懐かしく、心地よく、ちっとも錆びないメロディー♪
  皆さん大喜びのライブでした。 
  
   100428 ダンプとリッキーさん    100428 ダンプ    ダンプとリッキーsan

 クライアントのお嬢さんは大きなダンプに乗っておられ、
 リッキーさんも「ダンプに乗ってみたい!」とパーティ終了後に乗車。

帰り道ご一緒させていただき、業界の先輩として人生の先輩として
色々なお話をして下さいました。
リッキーさんのデビューは1973年
40年近く信念を持ち続けこの世界で生きてこられただけに説得力がありました~
 ありがとうございました



4月の終わりはホテルのブライダルフェアで模擬式のMC
  091107 チャペル内   091107 スパークバルーン   091107 バルーン

控え室は、牧師先生、聖歌隊の皆さん、ソプラノ歌手さん、ヴァイオリニストさん、トランペッターさんと一緒で、いつもめちゃくちゃ楽しい。ワイワイ大盛り上がりでお話に花が咲きます

休憩時間はみんなで社員食堂に出かけ、お食事中もワイワイ
この和気藹々感は、きっといい雰囲気のまま本番に反映されていると思い、
お客様にもリラックスして過ごしていただけたと思います。


 ソリストの田中郷子さんはすごく楽しい方で、
 お話させてもらうのがいつもとっても楽しみです。

田中さんが先日お知り合いに頼まれて、楽曲紹介のために舞台袖でマイクを持たれた機会があったそうなんですが
「中央で歌うでもない、客席で鑑賞するでもない、どっちつかずのポジションの居心地が
  どうも気持ちが落ち着かなくて・・・司会ってスゴク難しい位置ですよね~」
        とおっしゃっておられた。

う~ん、舞台の中央に立つ華のある人にとってはそうなんだろうなぁ。。。と思いました。


でも私はその位置が好きです。

ステージと客席の橋渡し。
ステージにいる人がさらに輝きを増すように、お客様が存分に楽しんで下さるように
その場の空気に応じて、橋渡しとして必要な、求められている役割を果たしたい。


舞台の中央に立つほどの発信したいメッセージも度量も持ち合わせていない、
かと言って客席でただ与えられているのもしんどかったりして。
全体を見渡し、方向づけできる位置が私の居場所なのかぁ、と改めて思いました。




先月の一般宴会は、準備をさせてもらえない宴席が多くて
前日や当日まで、どんな内容で進行で、というのを知らせてくれない。
宴席のタイトルさえ知らない状態。
聞いても「まだ決まっていない。。。」と。
とりあえずプロ司会のスケジュールだけ押さえておく。といった感じで
フタを開けたらあれもこれも・・・
  たとえば映像にあわせて専門的な話もしてくれ~とか無茶な要求が多かった。
  そんなの教えてくれなきゃ分からないし。

(関係者の方、読まれてたらすみません)

準備なく不安でいっぱいでも、時間がきて合図出されたら
笑顔でスタートさせなきゃいけない。
ゆったりと季節の言葉で時間稼ぎしながら 頭の中で
「さぁ~どうするどうする~~


話している私、考えている私、お客様・クライアント・スタッフの表情を見ながら
様子を計っている私、手元で資料並べ替えてる私、
そんな私を応援し励ましている私。

沢山の小人さんが自分の中で大活躍していました。
矢面ってキツイなぁ~と思うことはあるけれど
それでも現場は楽しくって仕方がないのです




先月は映画もよく観ました。
色々な時代に、場所に、物語に、いざなってもらい しばし現実を忘れて充電。

1シャーロックホームズ   シャッターアイランド  ハッター  ウルフマン 狼男


        ハッターと一緒に
       いえ別に、アリスのつもりではありませんが・・・ウフ

 よく働き、よく遊び、
 ふと気づけば爽やかな季節
 
   風を感じに、どこかに出かけてみたいな。


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<七福神 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |